主にハムスターの事。定期的に繁殖しています。モルモット・デグー・ホーランドロップ・熱帯魚が登場します。
ポテ元気に帰ってくる
2012-03-28 (水) | 編集 |
日曜日に預けて昨日無事ポテが我が家に帰ってきました。

ゲージごといなかったんで、せっま~い我が家が
なんだか広く感じた日々でした。

手術が無事終わったと連絡もらった時は、ほんとホッとしました。
ただ、水が溜まってるところが子宮ではなかったということで、
お迎えに行った時、先生から説明受けました。

水は肝臓に溜まってたそうです。
現段階ですが、「肝嚢胞(かんのうほう)」という病名になるということです。
その他の臓器は、全然問題ないということですが、
今回取り除いた肝臓の一部以外にも、
別の肝臓のところに小さい水泡があるので、
再発の恐れはあるでしょうということです。

肝臓って、いくつかに分かれてるんですね。
人間も、肝臓を一部提供(移植)しても、他の部分の肝臓が
なくなった部分を補ってくれるから、取り除いても大丈夫だそうです。

とはいえ、再発の恐れがあるのは・・・・・。

それが、短い期間なのか、長い期間なのか。
その時、ポテの年齢を考えると、
手術してまた取り除くのがよいのか、そのままにしてあげるのがよいのかは
その時に考えたらよいでしょうって。

短い期間だと、短期間に手術するのはよろしくないし、
とりのぞいたとしても、またすぐ短い期間で再発するだろうから、
その点は先生も心配してくださってました。

今のところは、とっても元気です。
(といっても昨日帰って来てから、今朝出勤するまでの間ですが)
朝からはホイールも回してたので(^^)


ちなみにこれが、ポテのお腹を圧迫していたものです。
DSC_0214.jpg

あの小さな体にこんなのが膨らんでたんだもんねぇ。
しんどかったね。ポテ。

とはいえ、2泊病院でしたけど、とっても元気で、ホイールも回してたそうです。

iPhoneと大きさ比べてみました。
DSC_0217.jpg

これを病理に出すかどうか提案されました。
ん。。。

主人が、ハムはこの子だけじゃないし、再発の可能性は大だから、
お願いしますと。

原因がわかれば、次再発の時の対処方法がわかるかもしれないしね。

病理にだすと、ちょいと手術費用以外にもかかるけど、
命には代えられないし。

後で、先生が、手術中にポテのお腹開けた時の写真も見せてくださいました。
仰向けになった時、ほんと大きくなったお腹が分かりました。
今度行った時に、CDに焼いてもらっておこうかなぁ。
残ってたら・・・。

スマホの写真のみのUPなんで、ポテはないんですが、
昨日は、傷口は気にしてるものの縫った糸をかみ切る様子はなさそうかな。
時々、かみ切る子がいて、先生の経験上、3度縫い直した子が1匹いたそうです。
その時は、傷口を縫って、それを覆うように皮を寄せて縫ったそうです。

しばらくの床材はチップ&砂がNGなんで、紙砂のみです。
まだまだ寒いから心配なんだけど・・・。
ハムはお腹すって歩いちゃうから、傷口にひっかかったり、ばい菌が入っちゃうからね。

抜糸は約10日後です。

ちなみにかかった費用は・・・


病理検査 12000円
手術代  20000円
ホテル代 1000円(2泊分)
消費税  1650円

合 計  34650円


PS.ハム友募集中で~す


ポチッと
にほんブログ村 ハムスターブログへ
にほんブログ村